チロハダ

妊活から出産、授乳、離乳食、子育て・育児のお役立ち情報サイト

離乳食の野菜のだしはいつから?|作り方、冷凍方法もチェック!

離乳食の野菜だしはいつから?

離乳食の野菜だしはいつから?

離乳食で野菜のだしはいつから与えていいかご存じですか。離乳食にとってだしは赤ちゃんの食欲をそそる1つの要素です。ごく薄味が基本の離乳食でも、うまみたっぷりのだしは食欲がそそります。時間のあるときに、作って冷凍してまとめて作ると便利ですよ。離乳食のやさいだしはいつから与えていいのか?、野菜だしの作り方、冷凍方法を紹介します。具体的には目次から探すとすぐに欲しい情報がGETできます。

離乳食の野菜だしはいつから大丈夫?

スタートは5~6ヶ月頃からOKです。また手作りが簡単でおいしいです。市販のものは添加物がないか念入りに調べましょう。味付けを調味料に頼れない離乳食では、うまみを補いましょう。そうすることで、おいしさがぐんと増し、赤ちゃんの食もどんどん進むことでしょう。

離乳食|野菜だしの作り方

材料

作り方

  1. 野菜を切る。にんじん、玉ねぎは1㎝位に切る。かぼちゃは皮をむいて2㎝位に切るブロッコリーは小房に分ける
  2. にんじん、玉ねぎを煮る。蓋をして中火
  3. 煮立ってきたら、残りのかぼちゃ、ブロッコリーを加え再び蓋をして25分ほど。にんじんがやわらかくなるまで煮る
  4. ざるでこし、スープと具を分けたら完成

離乳食|野菜だしの冷凍方法

野菜のだしは、製氷さらに注いで冷めてから冷凍しましょう。凍ったら、製氷皿から真空のフリーザーパックなどに入れ冷凍保存すれば少量ずつ使えて便利です。また、使うときにレンジで10秒ほどすればできるので、離乳食もラクチン。冷凍したら1週間以内を目安に使い切るようにしましょう。

まとめ

離乳食の野菜だしはいつから与えていいのか?、野菜だしの作り方、冷凍方法を紹介しましたがいかがでしたか?だしを取った後の野菜は、離乳食の時期に合わせて、ペースト状にしたり細かく刻んで利用もできます。ラクチンしながら赤ちゃんに栄養を与えてあげるといいでしょう。

プロフィール
id:organicecolojy
すけさん/sukesan

花粉症の症状を良くしたいと思ったことがきっかけで、健康本を1万冊以上を読破、健康オタクになる。子どもが産まれたことで本当の健康の情報をパパママに向けに執筆することを決意。趣味は多読書、筋トレ、家庭菜園。

すけさんの健康備忘録をフォローする