チロハダ

妊活から出産、授乳、離乳食、子育て・育児のお役立ち情報サイト

完母の場合、離乳食はいつから?|離乳食の必要性や大事なことをチェック!

f:id:organicecolojy:20190930064144j:plain

完全母乳で赤ちゃんを育てているママさんはいつから離乳食を始めるかご存じですか。

結論を言うと、完母やミルクで育てていても離乳食を始めるタイミングは同じなのです。理由としては、生後6ヶ月頃になると必要な栄養素を母乳やミルクでは補えなくなってしまうからです。そこで、なぜ離乳食は必要なのかやアレルギーのことについて解説します。ぜひ、赤ちゃんのためなので、わからないことはわかるようしっかりと理解してくださいね。

目次から気になるタイトルをチェックすると、欲しい情報がすぐに手に入ります。

完全母乳だが、離乳食はいつから?また、なぜ必要なのか?

4つ理由があります。おおまかに理解しておけば大丈夫です。

成長に必要な栄養をとるため

赤ちゃんは成長するにつれて、母乳だけでは栄養不足になってしまいます。そのため、離乳食で栄養を補う必要があります。大体6ヶ月頃からより多くの栄養素が必要になるため、5~6ヶ月頃から離乳食を始める方が多いのではないでしょうか。

じぶんで食べる力、噛む力を育てるため

離乳食は、大人のように食べ物を噛んで食べるようになるための練習期間です。また、自分の手やスプーンなどを使って食べる練習でもあります。大体離乳食は1歳~1歳6ヶ月ごろまでと長いです。離乳食の時期の赤ちゃんは今しか味わうことができないので、あせらずゆっくり、楽しむつもりで進めてみましょう。

豊かな味覚を育むため

米がゆから始まり、かぼちゃやトマト、ニンジンなどの野菜、白身魚や豆腐などのタンパク質など様々な味を経験します。その中で食事の味や香りを敏感に感じ取れるようになってきます。

食べる楽しさを体験するため

家族を一緒に食事を楽しむことで、赤ちゃんは食べることに興味を持ちます。ぜひ、ママもパパも赤ちゃんが食べることは楽しいと感じることができるよう、今しかないこのときを楽しんでくださいね。

これだけは知ってほしい!離乳食で大事なこと

いつから、なにを?どれくらいの量をあげる?などわからないことばかりかと思います。ここでは、重要なことを抜粋してお伝えできればと思います。

5ヶ月を過ぎたら離乳食を始める

主な理由は血液をつくるために必要な鉄分が母乳やミルクだけでは補えなくなってくるからです。そのため5か月を過ぎたら、離乳食をスタートしましょう。

離乳食は食べるようより「体重の増え方」を気にしよう

離乳食は目安量(1さじや5mlとか)はありますが、赤ちゃんは食欲も体格も個人差があるため、個々に合わせてあげる必要があります。そこで見てほしいのが体重の増え方。1ヶ月の間に体重が横ばいのままや、急激に上向きに増加している場合は、かかりつけ医に相談するなどしてみてください。

食べ物アレルギーをこわがらない

食べ物アレルギーになってしまうと不安になってしまいますよね。ただ、食べさせないようにするのはちょっと待って!それでは、赤ちゃんの発育発達に必要な栄養素が不足してしまいます。赤ちゃんに多いアレルゲンは卵、牛乳、小麦の3つと言われています。ただ、ごく少量から始めれば、軽い症状(口の周りが赤くなった?)で気づくことができます。

どんな食べ物もはじめの一口を慎重に進めようという意識があれば、大丈夫でしょう。

毎日の離乳食の「美味しい」「楽しい」を大切にしよう

離乳食を始めると赤ちゃんは体だけでなく、心も目覚ましく成長します。例えば、これはなんだろうとなんにでも手を伸ばしたり、なんでも口にくわえたりします。ママが大変なことも数年後にはいい思い出になっているはず。親子水入らずで離乳食を楽しんでみてくださいね。

まとめ

完母の場合、離乳食はいつから?についての答えや、なぜ離乳食が必要なのか?、離乳食で大事なことを紹介してみましたがいかがでしたでしょうか。ママのためにも赤ちゃんのためにもぜひ離乳食を楽しんでくださいね。

 

その他、関連する過去記事を紹介します。

離乳食に必要なものは下記記事でチェック!

 

www.chirohada.com

 

離乳食初期(生後5~6ヶ月頃)におすすめの野菜は下記記事をチェック!

 

www.chirohada.com

 

プロフィール
id:organicecolojy
すけさん/sukesan

花粉症の症状を良くしたいと思ったことがきっかけで、健康本を1万冊以上を読破、健康オタクになる。子どもが産まれたことで本当の健康の情報をパパママに向けに執筆することを決意。趣味は多読書、筋トレ、家庭菜園。

すけさんの健康備忘録をフォローする