チロハダ

妊活から出産、授乳、離乳食、子育て・育児のお役立ち情報サイト

赤ちゃんが離乳食を始める時期はいつから?|目安や基本のルール

f:id:organicecolojy:20190930064144j:plain

離乳食が赤ちゃんにとってどんな時期か知っていますか。

どんな時期かというと、それは大人の同じ食事を食べられるまでの練習の時期です。

あくまで練習なので、いきなり大人と同じものは食べられません。そこで、赤ちゃんの噛む力や消化能力に合わせて、食材の固さや大きさを変える必要があります。

この記事では、離乳食を始める時期の目安や、守ってほしい基本ルールを書いています。ぜひ、これからの赤ちゃんのために役立ててください。目次から目的のタイトルを探すとすぐに欲しい情報が手に入りますよ。

離乳食を始める時期は?目安は?

離乳食をスタートする時期がいまいちわからない方は多いかと思います。以下に目安を記載いたしました。参考にしてみてください。

生後5~6ヶ月になった

早くて5ヶ月、アレルギーが心配な赤ちゃんも6ヶ月のうちには離乳食を始めましょう。理由としては、6ヶ月を過ぎるころには母乳の成分のうち、タンパク質やカルシウム、鉄分などの成長に必要な栄養素が大幅に減少してしまうからです。

首がすわり、支えがあればおすわりができる

順調にに成長、発達している目安です。おすわりができるなら、離乳食を食べる受け入れ態勢もばっちり!うちの長男は縦抱きのときに首がすわっている状態でした。おすわりは支えがあるとできました。

大人が食べているのを見て、食べたそうなそぶりをする

口をモゴモゴ動かしたり、よだれが増えたりする赤ちゃんも。口を動かすのは、噛む運動の準備が整ってきた証拠です。うちの長男は、私がご飯を食べているときに口をモゴモゴしてすごく食べたそうな様子をしていました。

体調&機嫌がいい

離乳食の始めの1さじは、赤ちゃんの調子がいい日を見計らって。授乳タイム1回を離乳食に替えて始めます。

赤ちゃんの離乳食の目的

離乳食は赤ちゃんが自分で食べる力を身につける練習の時期ですが、食欲はその子の個性です。個人差があって当たり前。心配になるかもしれませんが、おおらかに見守っていきましょう。

さて、離乳食の目的ですが具体的には、母乳・ミルクの乳汁で育ってきた赤ちゃんが、徐々に固形食から栄養を取れるように練習することです。パパやママといっしょに食事をとることで、食を楽しみ、生きる力が育っていくでしょう。

離乳食の基本ルール

油なし、味付けなしからスタート

多すぎる塩分、脂肪分は赤ちゃんの内臓にとっては負担になってしまいます。最初は味付けはせず、離乳食が進んでからも薄味、脂肪分控えめを守っくださいね。

タンパク質は順番を守って

タンパク質は体を作る大切な栄養素ですが、赤ちゃんにとっては消化するのが苦手です。とはいえ、成長に不可欠な栄養素なので、適量に気を付けて、食べさせましょう。最初は1さじから始めるのが基本です。

その子のペースで進めましょう

離乳食の進み具合は、個人差が大きいものです。赤ちゃんの食べる様子やうんちの状態を見ながら、食材の量やかたさ、調理の仕方に注意しながら、進めていきましょう。離乳食初期(ゴックン期)は赤ちゃんが飲み込める形に調理してあげて。

離乳食初期のおすすめの野菜

下記の過去記事を参考に♪

 

www.chirohada.com

 

まとめ

離乳食を始める時期の目安や、守ってほしい基本ルールは理解できましたか?ぜひ、これからの赤ちゃんのために役立ててくださいね。

プロフィール
id:organicecolojy
すけさん/sukesan

花粉症の症状を良くしたいと思ったことがきっかけで、健康本を1万冊以上を読破、健康オタクになる。子どもが産まれたことで本当の健康の情報をパパママに向けに執筆することを決意。趣味は多読書、筋トレ、家庭菜園。

すけさんの健康備忘録をフォローする