チロハダ

子育て・育児のお役立ち情報をご紹介します。

生後6ヶ月の赤ちゃんに離乳食与えたら便秘に!?|原因や改善方法をチェック!

f:id:organicecolojy:20191003223716j:plain

いまは生後6ヶ月頃、離乳食を始めて1ヶ月ほど経った頃でしょうか。

赤ちゃんはまだ胃や腸が大人のように発達しておらず、うまく排便できないことがあります。

 下記に便秘の症状と原因をあげましたので、赤ちゃんが快適に過ごせるようケアしてあげましょう。

便秘の症状 ・目安

下記の症状が見られたら便秘の可能性があります。

回数  
1日平均1回未満(生後6ヶ月以降)
 

 

便秘の症状5つ
お腹が張っている
便の粘り気が普段より強い
便秘が苦しそうで顔が真っ赤になる
排便時に肛門が切れる
食欲がなく、吐く

下記で便秘の原因を確認してみましょう。

6ヶ月目で便秘になった原因

以下の原因が考えられます。

・水分不足や腸内細菌バランスの変化

・ママが便秘ぎみだと赤ちゃんも便秘になりやすいというデータがあります。

・ママがイライラしていると赤ちゃんは敏感に感じ取ってそれがストレスになってしまう。

また、1番の原因は、不規則な生活でしょう。

排便リズムは生活リズムに大きく影響されるからです。毎日決まった時間に排便するクセがつくように規則正しい生活を送りましょう。

 

便秘の改善方法

 具体的な解決法は以下の記事を参考になると思います。

 

www.chirohada.com

 

まとめ

6か月目で離乳食を始めた赤ちゃんが便秘になったという話は少なくないと思います。

どれが原因とは断言できませんが、上記にあげた理由が当てはまるのではないでしょうか。

大人も規則正しい生活を送り、ストレスとためないようにしましょうね。