チロハダ

妊活から出産、授乳、離乳食、子育て・育児のお役立ち情報サイト

離乳食初期(生後5から6ヶ月頃)の献立|進め方やレシピなどまるっとご紹介!

f:id:organicecolojy:20190930064144j:plain

離乳食のスタートは、これからずっと続いていく食生活の最初の一歩です。

そこでとても大事な初期に必要な知識、離乳食初期の進め方と献立レシピをご紹介。

目次から気になる記事を見にいった方が欲しい情報が早く手に入ります。

スケジュール例

はじめての食材は1さじからゆっくりスタートします。

日にち順に食べる献立の例をご紹介します。

1日目~

献立:10倍がゆ(米がゆ)

2日目も同じものを1さじ(小さじ(5ml))与えます。

3日目になったら2さじと、1日おきに量を増やすくらいのゆっくりペースで問題ないです。

6日目~

献立:10倍がゆ、かぼちゃやトマトのすりつぶし

 米がゆはこのころになると3さじ(小さじ(5ml))くらいを目安に食べさせてあげます。

その後は5~6さじまで増やしていきましょう。

米がゆに慣れてきたら、野菜に挑戦します。

野菜も1さじ(小さじ(5ml))からのスタート。

まず与える野菜1種類を選んで、同じ種類の野菜を翌日も1さじ、3日目には2さじと増やしていきます。

様子を見るというのは、赤ちゃんの食べる様子や、食べた後の皮膚やうんちに変わったことがないかどうかを観察することです。

食品の種類をふやす必要はありません。

 11日目~

献立:10倍がゆ、かぼちゃやトマトのすりつぶし、豆腐のすりつぶし

野菜にも慣れてきたらタンパク質源をプラスします。

約1ヶ月かけて3つの栄養源に慣らしていきましょう。

このころになれば、おかゆや野菜は、赤ちゃんが欲しがるだけ与えても大丈夫です。

ただタンパク質をたくさん食べすぎると、赤ちゃんの未熟な内臓に負担がかかってしまうため、目安量を守りましょう。

献立

ポイントは赤ちゃんの消化能力や噛む力に合わせることです。

体の機能が未熟で、抵抗力も弱い赤ちゃんのために基本ルールを頭に入れておきましょう。

ルール①:赤ちゃんが飲み込める形に調理する

ルール②:食材は過熱して殺菌する

ルール③:消化吸収のよいおかゆを最初に与える

ルール④:調味料や油は使わない

ルール⑤:タンパクは与える量の目安を守る

ルール⑥:NGな食材を把握しておく

離乳食初期(5か月ころ)

母乳やミルクだけを飲んでいた赤ちゃんは、液体より少しとりみのあるトロトロの離乳食を、唇を閉じてゴックンするのがやっとです。

裏ごししたり、すりつぶしたりして、なめらかなるよう調理します。

慣れてきたら、少しずつ水分を減らし、べたべたのケチャップ状にしていきます。

それでは、具体的な献立を見ていきましょう。

10倍がゆ

おかゆは米から炊いた方が味が良いのですが、手軽にごはんから作ってもOKです。

ごはんの場合は、ごはん1:水9の水加減です。

始めて作るなら、ごはん大さじ2に対して水270mlです。

ふたをして、最初は強火、煮立ったら弱火にします。

ごはんからなら15分~20分、お米からなら40分~50分が目安です。

かぼちゃのトロトロ

材料

かぼちゃの10g(1㎝の角ブロック1個)

作り方

かぼちゃはゆでてすりつぶし、ゆで汁でなめらかに伸ばします。

とろみ豆腐

材料

絹ごし豆腐 15g(2㎝角ブロックと1/2個)

だし 適量

水どきかたくり粉 少々

作り方

絹ごし豆腐はゆでてすり鉢でなめらかにし、だしでのばします。

小鍋に入れて火にかけ、水どきかたくり粉でとろみをつけます。

離乳食初期(6か月ころ)

離乳食を始めて1ヶ月たったら、2回食へとステップアップです。

決まった時間に食べさせてあげましょう。

おすすめの献立をご紹介。

かぼちゃ豆腐

 材料

絹ごし豆腐 20g(2㎝角ブロック 2個)

かぼちゃの黄色い部分 10g (2㎝角ブロック 1個)

作り方

鍋にお湯を沸かし、豆腐をさっとゆでて、すりつぶします。

同じ湯でかぼちゃもやわらかくゆで、すり鉢ですりつぶし、ゆで汁を加えてなめらかにのばします。

ほうれん草のすりつぶし

材料

ほうれん草の葉 5g(葉 1枚)

だし 少々

水どきかたくり粉 少々

作り方

①鍋に湯を沸かしてほうれんそうをやわらかくゆで、すり鉢ですりつぶし、だしでのばします。

②小鍋に①を入れて火にかけ、水どきかたくり粉少々でとろみをつけます。

離乳食初期(前半)の「飲み&食べ」タイムスケジュール例

赤ちゃんとママがゆったりできる時間を、離乳食タイムとしましょう。

午前、または午後の授乳時間のうち、1回を離乳食に置き換えます。

また、離乳食は必ず母乳やミルクより先に与えましょう。

先に飲みやすい母乳・ミルクを与えてしまうと、満腹で離乳食どころではなくなってしまいます。

タイムスケジュール例

6:00   ⇒ 授乳・ミルク

10:00 ⇒ 離乳食 & 授乳・ミルク

12:00 ⇒ 授乳・ミルク

14:00 ⇒ 授乳・ミルク

18:00 ⇒ 授乳・ミルク

20:00 ⇒ 授乳・ミルク

離乳食初期(後半)の「飲み&食べ」タイムスケジュール例

2回目の離乳食も、1回食のときと同様、授乳のタイミングを離乳食におきかえましょう。

1回目の離乳食から4時間以上感覚をあけるのがポイントです。

タイムスケジュール例

6:00   ⇒ 授乳・ミルク

10:00 ⇒ 離乳食 & 授乳・ミルク

12:00 ⇒ 授乳・ミルク

14:00 ⇒ 授乳・ミルク

18:00 ⇒ 離乳食 & 授乳・ミルク

20:00 ⇒ 授乳・ミルク

まとめ

離乳初期の献立や進め方をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

これからずっと続いていく食生活の最初の一歩なのでよく調べてみましょう。

離乳食を始めて、口をもごもご動かして食べるようになったら、いよいよ次のステップに行ってもよいでしょう。

プロフィール
id:organicecolojy
すけさん/sukesan

花粉症の症状を良くしたいと思ったことがきっかけで、健康本を1万冊以上を読破、健康オタクになる。子どもが産まれたことで本当の健康の情報をパパママに向けに執筆することを決意。趣味は多読書、筋トレ、家庭菜園。

すけさんの健康備忘録をフォローする