チロハダ

妊活から出産、授乳、離乳食、子育て・育児のお役立ち情報サイト

離乳食初期のスケジュール(5,6ヶ月頃)|スタートの目安や進め方などを詳細に解説

f:id:organicecolojy:20190930064144j:plain

いよいよ離乳食のスタート!

すでに初期のスケジュールは把握してますか?

個人差がとても大きいものですが、月齢別の目安を参考に、あせらずに進めていきましょう。

慣れるまで迷うことの多い最初の1ヶ月について、始める目安や食事内容、アドバイスをご紹介します。

離乳食はこれからずっと続いていく食生活の最初の一歩。トロトロ状のおかゆから、時間をかけて慣らしていきましょう。

ゴックン期前半

まずはスタートの目安をチェックしましょう。

時間をかけて慣らしていきましょう。

トロトロ状のなめらかな10倍がゆからスタートし、徐々に増やしていきます。

スタートの目安をチェック

□生後5~6ヶ月になった

□首すわり、支えがあればおすわりができる

□大人が食べているのを見ると、食べたそうなそぶりをする

□体調&機嫌がいい

スプーンに慣れればOK!

上記のいずれかができるようになったら、離乳食の始め時です。

ゆっくりめな赤ちゃんも、遅くとも6か月のうちにはスタートしましょう。

赤ちゃんの機嫌のよいタイミングで午前か午後の授乳のときに1回離乳食をプラスします。

ただ、おっぱい・ミルクだけを飲んでいた赤ちゃんにとっては食べ物を食べることは大人が想像する以上に変化の大きいものになります。

そのため、スプーンを嫌がったり、口からべぇーっと出してしまうことがありますがそれがふつうですので安心してください。

栄養は母乳やミルクからしっかりとれているので、食べる量を気にする必要はありません。

おかゆだよ」、「まんまだよ」、「おいしいね」などと話しかけながら、楽しい雰囲気を作ってあげるよいいでしょう。

液体に近いめらかさで飲み込みやすく調理

ゴックン期の赤ちゃんは、まだ噛むことができません。

なのですり鉢や裏ごし器を使って、赤ちゃん好みのなめらかさに調理しましょう。

食べさせるときは、ママのひざに抱っこして、少し後ろに傾けてあげると口からこぼれにくくなり、トロトロ状の離乳食を飲みやすくなるでしょう。

トロトロの10倍がゆが離乳食デビューにぴったり

離乳食初期の最初の1さじはアレルギーの心配が少なく消化吸収のよい10倍がゆ(米:水が1:10)がおすすめです。

米がゆになれてきたら野菜を足しましょう。

ただ、なんとか食べさせようと頑張りすぎなくても大丈夫です。

べぇーと出したり、初めての味にしかめっ面をしたりしながらも、赤ちゃんは少しずつ離乳食に慣れていきます。

赤ちゃんのペースを大切にゆっくり食べさせて

ママはたくさん食べてほしい気持ちから、ついスプーンの運びが早くなりがちです。

赤ちゃんが口を閉じて離乳食を取り込むのを待つことを心がけましょう。

ゴックン期初期(前半)のスケジュール例

f:id:organicecolojy:20190930231103p:plain

はじめての食材は、1さじからゆっくりスタート

赤ちゃんの離乳初期は1さじの米がゆから始まります。

2日目も同じものを1さじ

3日目になったら2さじと1日おきに増やすくらいのゆっくりペースで調整します。

米がゆに慣れてきたら、野菜にも挑戦。野菜ももちろん1さじからスタート。

3週目には豆腐をプラスしてもよいでしょう。

1か月かけて3つの栄養源に慣らしていきましょう。

ただし、タンパク質現をたくさん食べすぎると、赤ちゃんの未熟な内臓に負担がかかります。

目安量を守り、与えすぎに注意しましょう。

ゴックン期後半

ステップアップの目安をチェック

離乳食を始めて1ヶ月経ったら、2回食へとステップアップ。

決まった時間に食べさせましょう。

目安は以下をチェック!

□1日1回の離乳食を喜んで食べている

□ポタージュ状の離乳食を上手にゴックンと飲み込める

□主食のおかゆのほか、野菜類、タンパク質源食品が食べられる。

2回目の量は、1回目の半分以下でもOK

スタートから1ヶ月ほど経ち、おかゆ、野菜、豆腐の3品に慣れたら、2回食に進みます。

ただし、回数が2回になったからといって、急に量も2倍にする必要はありません。

2回目の離乳食は、1回目の半量以下でも問題ありません。

2回の食事のリズムに慣れてきたら、徐々に量を増やしていきましょう。

赤ちゃんに食欲があり、もっと食べたそうなそぶりをするなら、食欲に合わせて食べたいだけ与えても問題ありません。

ただし、タンパク質のとりすぎは体に負担がかかってしまうため、お替りする場合は、炭水化物と野菜類にしましょう。

栄養バランスも意識しましょう

2回食になったら、少しずつ栄養バランスも意識しましょう。

主食(エネルギー源)、野菜類と果物(ビタミン・ミネラル源)、豆腐や白身魚などのタンパク質源がそろっていれば、大丈夫です。

離乳食の量が増えると、うんちの様子が一時的に変わったり、便秘や下痢気味になることもあります。

でも機嫌がよく、食欲もあるなら、心配ないでしょう。

次は舌でつぶす練習をしてモグモグ期に移行

水分を減らしたべたべたの離乳食を上手に飲み込めるようになると、唇をしっかりとじ、ほっぺに力を入れている様子が見られるようになります。

こうなれば、そろそろゴックン期も卒業です。

ときどき、さっとゆでた絹ごし豆腐やきな粉、豆乳を薄くすくって食べさせてみましょう。

まとめ

離乳食初期のスケジュールをご紹介しましたが悩みは解決できましたか。

慣れるまで迷うことの多い最初の1ヶ月なので、始める目安や食事内容、アドバイスをしっかり実践してみるといいでしょう。

プロフィール
id:organicecolojy
すけさん/sukesan

花粉症の症状を良くしたいと思ったことがきっかけで、健康本を1万冊以上を読破、健康オタクになる。子どもが産まれたことで本当の健康の情報をパパママに向けに執筆することを決意。趣味は多読書、筋トレ、家庭菜園。

すけさんの健康備忘録をフォローする