チロハダ

妊活から出産、授乳、離乳食、子育て・育児のお役立ち情報サイト

離乳食初期(5~6ヶ月頃)の進め方|始める目安や目的、食事内容やコツをご紹介

f:id:organicecolojy:20190928051934j:plain

離乳食はいつからが正しい?初期の進め方は?

生まれてから母乳やミルクだけで成長していた赤ちゃん。

生後5~6ヶ月になると、そろそろの母乳やミルクだけの生活から離乳食を始める時期になります。

いつから?進め方は?や、食材や量、アレルギー、用意の仕方、冷凍保存は?など不安や疑問がたくさんあると思います。

始めてみたもののおかゆをあげても食べない、などといったケースもあるかもしれません。

そこで今回は、離乳食の初期段階の進め方、食事の量、コツなどをまとめてみました。

食事というものの幸せを、どうぞたっぷり赤ちゃんに味合わせてあげてください。

進め方のポイント・目安

離乳の開始とは、なめらかにすりつぶした状態の食物を初めて与えた時をいい、大体生後5,6か月頃から始める方が大半ですが、月齢はあくまで目安です。

進め方にも個性があるので、赤ちゃんの成長に合わせて進めましょう。

離乳食を始める目安としては

・ 首のすわりがしっかりしている

・ 支えてあげるとすわれる

・ 大人が食べているのを見て食べたそうなそぶりをする

・スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる

・体調や機嫌がいい

などが見受けられたら、始めてもいいでしょう。

離乳食の目的

目標は食欲を促し、規則的な食事で生活リズムを整え、食べる楽しさを体験していくことです。

初めの離乳食は、10倍粥をなめらかなポタージュ状にすりつぶしたものを、1さじ(5ml)与えることから始まります。

お米は比較的アレルギーになりにくいということで、初めての食材におすすめされています。

そのあとは、母乳や育児用ミルクは飲みたいだけ飲ませます。

離乳が進むにつれ、1日2回食、3回食へと食事のリズムをつけ、生活リズムを整えていくようにします。

おかゆに慣れたら、野菜などのビタミン類をプラスします。

さらにビタミン類に慣れてきたら、豆腐や白身魚などのタンパク質をプラスします。

胃腸の負担にならないように、消化できているか様子を見ながらあげるようにしましょう。

離乳食の初期は、あくまでも食べ物を飲み込むことに慣れることが大切です。

嫌がって口から出してしまうようなら、無理に食べさせたりせず、赤ちゃんの状態を優先させて大丈夫です。

 

離乳食初期(生後5,6ヶ月頃)の食事内容

10倍粥

10倍粥とは、お米1にお水10の割合で作ったおかゆのことです。

作った10倍粥を、裏ごし器やすり鉢、ブレンダ―などでなめらかなペースト状にしてから、赤ちゃんにあげましょう。

力を入れておかゆをまぜてしまうと、おかゆに粘り気が出てしまいますので注意してください。

お米とお水から作る方法の他に、炊いたごはんから作るレシピもあります。また、お鍋を使った炊き方以外に、電子レンジや炊飯器を使って作る事もできます。ママパパが作りやすい方法を選んでみてくださいね。

与える時間帯は、午前中の赤ちゃんが機嫌のいい時間で授乳前にあげるとよいでしょう。

慣れてきたらじゃがいもや野菜、果物、さらに慣れたら豆腐や白身魚など、種類を増やしていきます。

野菜などのビタミン類や魚などのタンパク質

おかゆに慣れてきたら、まずは野菜などのビタミン類を始めましょう。

さらに慣れてきたら、豆腐や魚などのタンパク質をプラスしていきます。

これらの食材も火を通してから、すりつぶしてペースト状にします。

すりおろすことができるにんじんや大根、りんごなどの食材は、すりおろしてから電子レンジなどで加熱すると楽チンですよ。

葉野菜や魚などすりおろせないものは、茹でてからすり鉢ですり潰すようにしましょう。 

お湯、だし汁、野菜スープなどでなめらかな食感に

離乳食初期(5~6ヶ月頃)は、離乳食をゴックンと飲み込む練習をする時期です。

「ゴックン期」とも呼ばれています。まだ噛んで食べるということができませんので、食材を赤ちゃんが飲み込みやすいような状態にしなければなりません。

食材に火を通して潰しただけだと、パサパサしていて上手に飲み込めないこともあります。

お湯、だし汁、野菜スープを少量まぜてのばすことでのどごしがよくなり、赤ちゃんが食べやすくなります。

冷凍保存が便利

離乳食初期では、1回に食材を1さじずつから与えます。食事の都度少量の食材を調理するのは大変なので、1回に必要な量をすぐに取り出せるように、ひと手間かけて小分けに冷凍保存すると便利です。

冷凍した食材は、食べる前に電子レンジなどで必ず加熱をして解凍してください。

食材が少量の場合、水分がすぐにとんでしまいます。様子を見ながら加熱をし、もし水分が足りないようであれば、お湯やだし汁、野菜スープなどでのばして調整をしましょう。

 

アレルギーには気を付けましょう

初めての食材をあげる時には、アレルギーに気を付ける必要があります。

初めての食材は、1回に1種類ずつ与えることが大切です。食べてからしばらくは普段と様子に変りがないかを見守りましょう。

湿疹や皮膚炎などの症状が出たら、すぐに病院に行って受診するようにしましょう。

また、アレルギー反応は食べさせて時間が経ってから現れることもあります。

食べ物アレルギーが「なんとなく怖い」と不安になることはわかりますが、離乳食のスタートが遅れてしまうため、かかりつけの医師に相談することをお勧めします。

午前中に離乳食を与えると、アレルギー反応が遅れて現われても診察時間に間に合うので安心です。

まとめ

離乳食の初期の進め方について、ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

離乳食初期の進め方や食事内容、アレルギー、冷凍保存のコツなど参考になれば幸いです。

プロフィール
id:organicecolojy
すけさん/sukesan

花粉症の症状を良くしたいと思ったことがきっかけで、健康本を1万冊以上を読破、健康オタクになる。子どもが産まれたことで本当の健康の情報をパパママに向けに執筆することを決意。趣味は多読書、筋トレ、家庭菜園。

すけさんの健康備忘録をフォローする