チロハダ

子育て・育児のお役立ち情報をご紹介します。

新生児育児中に旦那が風邪を引いた場合の対処法|寝室は別室がいいの?

f:id:organicecolojy:20190920062859j:plain

あなたは旦那さんが風邪を引いたとき、新生児にどのような影響があるかをご存じですか。

体の小さい赤ちゃんには気にしすぎるのがちょうどいいときもあります。

この記事では、赤ちゃんにうつるのか?、旦那は別室で寝てもらった方がいいのか、症状別の対処法などなどご紹介します。

目次で気になるタイトルを押すと欲しい情報がすぐ手に入ります。

新生児の体調の基礎知識

新生児に風邪はうつるのか?風邪はひかない?

結論をいうと風邪はひくし、うつる可能性があります。

いくらママから受け継いだ免疫を持っているとはいえ、抗体がない菌も少なからずあるからです。

低月齢の赤ちゃんも当然風邪をひきますので、できるかぎりの予防はしてあげたいものです。

また、赤ちゃんと接する機会がある場合、感染の可能性は否定できません。よって予防と同時に風邪をひいたときの対策が必要です。

幸いなのが、生後5~6ヶ月くらいまでの赤ちゃんはママから受け継いだ基礎の免疫の力があるおかげで発熱まですることは少ないです。

咳や鼻水が出ても、まずは発熱や嘔吐などの症状がなく、授乳にも支障がないなら経験上いいと思います。

平熱は?

赤ちゃんの平熱は、基本的に大人より高く、37℃以上のこともあります。

というのも、赤ちゃんは自律神経が未発達でまだうまく体温調節ができないため、ちょっとしたことで熱が上がりやすい傾向があります。ごはんを食べた直後や元気に遊んだ後にも、熱が上がることもあるでしょう。

旦那と寝室を分ける?別室で寝る?

ママから受け継いだ抗体があるとはいえ、赤ちゃんにも風邪がうつる可能性があるため、万が一のことを考え別室で寝てもらった方が無難ではないでしょうか。

また、予防としてマスクや手洗い、赤ちゃんにはなるべく近づかないように配慮してもらう必要があるでしょう。

また、下記に風邪の症状別の対処法を紹介してます。

参考にしてみてください。

風邪の症状別対処法

赤ちゃんは大人よりも頻繁に熱を出しますが、ちょっとしたことで体温が上がりやすいため、必ずしも病気とは言い切れません。そこで、赤ちゃんが熱を出しているときは、ほかに何か症状が出ていないかに注目してください。

吐く

赤ちゃんはちょっとした事でお乳やミルクをもどします。うちの子もよく大量に戻していました。うちの子は吐いた後笑っていました(笑)。

胃の構造が大人に比べて吐きやすく出来ているためで、ゲップや軽い咳とともにもどす事もあるようです。

そのため、よく吐くといっても異常ではない事も多いのです。

しかし、まれに病気の徴候の1つとして吐き気を伴っていたり、嘔吐をきっかけに病気が見つかる事もあります。

吐く回数や量が多く、『おかしいな』と感じたときは、診察を受けるようにしましょう。

赤ちゃんは体温が高めで体温調節も苦手です。なので心配のいらないケースも多々あります。様子を見ながら落ち着いて行動しましょう。

赤ちゃんの熱が上がりそのあと、汗をかき始めたら次の対処法をしてみてください。

・服は着せすぎず、薄着にさせる

・部屋を涼しくする

・汗をかいたら着替えさせる

・水分を与える(母乳やミルクを。飲まないときは赤ちゃん専用イオン水だけでも飲ませてあげて)

・ぬるま湯で絞ったタオルで全身を拭く

なお、布団のかけすぎや厚着は赤ちゃんにはよくありません。

なぜなら、赤ちゃんの場合は大人と違い、汗をかく機能がまだ十分に発達していないので、温めすぎると熱が体内にこもってしまうからです。

また、発熱時には、脱水症状をおこさないよう水分補給をしっかりしてあげてください。

しかし、下記の症状がある場合は、すぐにでも医療機関に受診をお勧めします。

・ちょっといつもの違うと思ったら

・熱が38℃以上ある

・元気がなく、ぐったりしている

・呼吸が苦しそう

・意識がぼんやりしている

・顔色が青白い

・熱があるのに手足が冷たい

・よく眠れていない

・けいれんが続いている

・嘔吐や下痢をしている

こういった症状がみられる場合、病院での早めの対処が重要になります。

もしもの時のために、おうちの近くの時間外診療を行っている病院を調べておきましょう。

鼻水・鼻づまり

熱を伴うときは風邪のことが多いです。

鼻水だけで熱がなければ、スポイトや綿棒などで鼻水をとってあげましょう。うちの子はスポイトでよく取ってあげていましたよ。

鼻づまりは口呼吸のできない赤ちゃんにはつらい症状です。

もし呼吸がしにくい、おっぱいが飲めない、眠りが浅くなるなどしている場合は、ためらわず受診しましょう。

咳・たん

 熱があったりなかったりするときは風邪のことが多いです。

熱を伴うときは細気管支炎や肺炎などが心配なのですぐに受診します。

せきだけのときも、たんがからむようなせきが長引いたり、呼吸が苦しそうなときは病院へ急ぎます。急性気管支炎、百日ぜき、気管支ぜんそくのことがあります。

たんが切れるように水分補給を心がけます。

まとめ

新生児はママから受け継いだ抗体があるとはいえ、風邪にかかることもあります。

うちの子も一時期鼻水、鼻づまりの症状がありました。

旦那からうつる可能性は否定できないため、可哀想ではありますが、赤ちゃんと距離をとってもらうよう寝室を分けて寝てもらうなり、別室で寝たりとお願いしてみるのをおすすめします。

万が一のことが赤ちゃんにあれば、後悔するのはたぶんあなたでしょうから。