チロハダ

子育て・育児のお役立ち情報をご紹介します。

子どもが入院することになった時の注意点

子どもの入院で準備すること

f:id:organicecolojy:20190717225119j:plain

子どもが急に熱や風邪などで入院する機会って多いと思います。

そこで、入院する際、病院のしおりなどに持ち物が記載されていると思いますが、それ以外に持っていくと便利なものを紹介します。

ウェットティッシュ

おむつ交換以外でも、ちょっとした汚れもぬぐうことができます。

レジ袋

病院にも備え付けのゴミ箱はあると思いますが、ベッドサイドにレジ袋をかけておけば便利です。

おもちゃ

持ち込みできないおもちゃもありますが、お気に入りのものをもっていきましょう。

ゲーム機は電源の使用についての決まりもあるので確認しておきましょう。

紙おむつ

たいちょうが悪いため、いつもと排便のリズムがかわったりおしっこの量が増えたりするので、少し多めに用意しましょう。

着替え

汗を多くかく場合もあると思うので、着替えを2~3セットあるといいでしょう。

ティッシュペーパー

何にでも使えます。

タオル

ベッドに敷いたり、からだをふいたりするのに便利です。

バスタオル

肌掛け代わりに使ったり、うんちやおしっこの漏れ防止としてベッドに敷いたりできます。

スプーンとコップ

薬を飲ませたり、食事するときに便利です。

入院するときは早めの行動を!

特に夕方、5時頃から夜間体制に切り替わる病院がほとんどです。夜間体制になってしまうと、余計な時間がかかったり、必要な検査が受けにくくなったりします。慌てなくてもよいのですが、早めの行動を取った方が賢明です。